痛いと思ったら歯科へ

痛いと思ったら歯科へ

新しい歯科治療「インプラント」

インプラントは、入れ歯やブリッジに変わる新しい歯科治療です。失った歯の機能を取り戻す事が出来るとして、行う歯科医院・受ける患者が増えてきています。
しかし、インプラント治療が上手くいっても、その後のケアが十分ではなかった場合には、歯周病となることがあり、最悪な場合には、顎の骨に埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまう事にもなりかねません。
日頃行うことが出来るケア方法としては、歯磨きがあります。歯磨きをする場合には、磨き忘れることを防ぐために、磨く順番を決めて置くようにしましょう。歯並びにそって、一周するようにすると、磨き忘れを防ぐことが出来ます。なお、歯磨きをする時に歯磨き粉を使用するという場合には、つけ過ぎないように注意するようにしましょう。付ける場合には、米粒大程度で十分であると言われています。発泡作用のある歯磨き粉は実際に歯を磨く時間が短時間になり、十分に汚れを取り除くことが出来ない事があるので、注意が必要です。

歯科インプラントのメリットについて

歯科インプラントは近年注目を浴びている治療法の一つです。何らかの原因で歯を失ってしまった際の治療法としては最高のパフォーマンスを発揮する治療法として非常に高い評価を得ています。以前に比べて治療を受けることが出来る歯科医院も増えてきていますので、身近な治療になってきたと言えるでしょう。
このインプラント治療はいわゆる健康保険を使って行う治療とは違い、自費での治療となります。そのため一本当たり15・20万円程度の高額な治療費が必要になります。それでも従来ならば部分入れ歯などで対応するしかなかった歯の機能の欠損を回復させる治療法として確立されている技術であるため、多くの人に利用されています。
歯科インプラントは金属のボルトをあごの骨に打ち込み、人工的に歯根を形成する治療技術です。この様な方法で歯の治療を行うことにより、まるで自分の歯のような感覚を取り戻すことが出来る治療として非常に高く評価されています。

Favorite

ブライダル プリザーブドフラワー

最終更新日:2017/9/13