痛いと思ったら歯科へ

痛いと思ったら歯科へ

開業している歯科診療所は多い

開業している歯科診療所は非常に多いのが現実です。したがって、患者間での競争が生じて、より腕のいいところ、評判が高いところへと患者が多く訪れる状況が出来ています。この競争に敗れたところは、残念ながら廃業に至るケースも出てきています。
歯科診療所は全国で約6万以上あるとされ、コンビニエンスストアよりも多く存在しているとされますので、開業しても食べていけない歯医者も多数あると見られます。今後は、歯医者自身が独立開業をあきらめてむしろ勤務医として雇用をしてもらう方に回るところが多くなるのは間違いがありません。腕のいいところに雇用されれば、その下で働ければ給料が確実にもらえるわけですから、一国一城の主を目指さない歯医者も出てきています。
コンビニエンスストアに毎日行く人はいても、歯医者に毎日行く人は治療中の人だけです。したがって、競争が過熱しすぎたとされていますが、腕の悪いところや従来型の治療しか行わないところがまずは淘汰されていくため、患者はそうした状況を見ながら判断をしていけばよいでしょう。

信頼できる歯科開業医の見分け方

現在、歯医者さんの数はコンビニエンスストアより多くなっています。総数だけ見るとコンビニの1.5倍もの歯科があります。東京では1日1件のペースで廃業に追い込まれています。
そのため多くの歯科開業医は、売り上げアップに必死だと言っても過言ではないかもしれません。 玉石混合の歯医者さんの中で、信頼できる良い歯科の開業医を見つけるには、どのようなことをチェックすればよいのでしょうか?
まず、歯医者さんは細かな作業が多く眼精疲労も激しいため、寿命は60歳位だと言われています。あまりにおじいちゃんやおばあちゃんの先生は少々考え物です。

2つ目に、歯科衛生士さんです。
若い子ばかりではなくベテランもいるかどうかチェックしましょう。
3つ目は、やたらと自由診療やデンタル商品を勧めてくる歯医者さんは、あまり信用しないほうがベターです。
保険適応内で多くの虫歯治療は、可能です。何が何でもこっちの方が良いと、メリットばかりを強調したりセラミックの高価な物を勧めてくる場合は、よく考えましょう。
電動歯ブラシなども、全く同じ商品が家電量産店で3割以上安く販売されていた、というケースもあります。

インプラントの相場は1本35万円前後と言われています。安すぎるのも高すぎるのも考え物です。 スエーデン製か韓国製が良いと言われており、中国製だけは止めた方が良いでしょう。

recommend

2017/4/13 更新