痛いと思ったら歯科へ

痛いと思ったら歯科へ

歯科の年収について

歯科の年収は、勤務医か開業医かによって変わってきます。
勤務医の場合、常勤で月30万~50万円というのが相場です。
これにボーナスがプラスされて、年間の収入は450万~800万円くらいになります。
初任給としては、月23万~30万円くらいが一般的です。
ただし、最近は年収200万~350万円くらいの歯科医も増加しています。
一方、開業医はうまく行けば1000万円以上もありえます。

しかし、そのためには技術だけでなく、経営センスなども持ち合わせていなくてはなりません。
さらに、保険外の診療は重要な収入源となるので、採り入れることは必須といえます。
また、最近は競争も激しいので、経営が苦しい所も少なくありません。
そのような状況で高い収入を得るには、常にスキルを向上させる努力が欠かせません。
歯列矯正やインプラントなどは、上で述べた保険外の診療に当たりますから、そういったスキルを持った上で多くの顧客を確保できれば、高い収入を得られるでしょう。

歯科医の年収はどのくらい?

歯科医の年収は開業医と勤務医では一般的に差があります。病院やクリニックへ勤務する医師の平均年収は賞与も含めて450万から800万ぐらいとされています。一方開業医の中には1000万円を超える医師もいます。立地条件や、デンタルクリニックがすくないところ、患者からの評判の良い歯科医は、高い収入を稼ぐことができます。歯科医全体の平均金額を見てみると37歳で平均年収が730万ぐらいと推定されます。女性と男性を比べるとこちらも差があります。女性の場合32歳で年収はおよそ540万円ぐらい、男性は39歳平均で、810万ぐらいです。近年歯科医は増え続けており、過当競争の時代になっています。そのため中には収入が年に200万円もいかないドクターも存在します。4人に一人は200万円に満たないとも言われています。クリニックが多いからこそ、患者の立場に立って高度なサービスを提供するドクターが高い収入を得ることができるでしょう。

Valuable information

Last update:2017/4/13