痛いと思ったら歯科へ

痛いと思ったら歯科へ

歯科の受付について

歯科を訪れて、最初に接触するスタッフは受付になります。その時の対応は、患者の苦痛を和らげる大切なものになります。
歯科の初診の場合、多くは痛みをこらえている状態です。その辛さを和らげるのは実際の治療になりますが、受付からかけられた挨拶の言葉や笑顔は、それまでの辛さを多少なりとも緩和してくれるものでもあります。時として会話がはずんで、待ち時間のイライラさえもを紛らしてくれるものになります。
歯科をはじめとする医療機関は、患者の気持ちや状態を最優先に考えながら対応することが大切になりますが、受付の思いやりのある接し方は、その基本をなすものでもあります。どのような質問でも丁寧に答えてくれるものだろうか、治療にもやさしさが盛り込まれているだろうかといった要素が、受付の対応の仕方によって、患者は全て読み取ることができます。
最終的に、この歯科を受診して良かったと思えるものでなければなりませんので、スタッフ全員が心掛ける対応になります。

歯科の受付業務について

歯科の受付業務で重要なのは保険証の確認作業です。この作業は毎月行わなければならないです。忘れる患者が多いので受付の担当者は声掛けを行い、患者に注意を促す必要があります。この作業でミスがあると後で大変なので注意が必要です。
歯科の受付には患者から様々な種類の電話がかかってきます。予約のキャンセルや予約希望等が多いです。しっかりと電話対応をしなければ後で患者からクレームが出る事があります。聞き間違いをするとスムーズな治療が出来ないので不安な時は丁寧な言葉遣いで聞き返す事が大事です。
歯科の受付は金銭のやり取りも行うので金銭管理を慎重に出来る人の方が向いています。保険証、診察券、現金等非常に重要なものを日常的に扱うので心身のストレスがたまりやすいです。
業務ではミスをする事はあります。大切なのは誠実にミスに対応し、繰り返さない事です。丁寧な患者対応も業務の一つです。
突発的な業務が多いので焦らずにする事が大事です。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2017/4/13